2010年08月20日

[M_2010_12]『借りぐらしのアリエッティ』。

私は表現能力のある人を基本的に尊重しているので、あまり上映まで至った作品に対して不満を持つことがない。
それぞれそれなりに考えて作っているのだろうから、それをひたすらにけなすのではなく、なんとか自分の中で「良い体験」に変換できるよう、一生懸命に解釈するようにしている。

さて、『アリエッティ』であるが、完全に私の許容範囲を超えていた。
実は前半はかなり楽しんでいた。背景を水彩色でぼやっと描いていた意味が、アリエッティが翔に認識されるまで環境・背景であることを描くための手法だったし、アリエッティと父親が借りに行くシークエンスは、小人ものの定番ながら面白い冒険物語であった。
しかし、それだけである。
後半はひたすらに翔の愚かさ(正確には、何も考えていない、あるいは内容がない)に怒り狂っていた。
愚かな人間に怒り、アリエッティに共感したという話ではない。
翔が採る行動も発言も理解できないというか、そこまで馬鹿な行動は映像作品でもやらないだろうという一点に尽きる。
で、その馬鹿な行動を正当化するロジックもいくつか考えてみたものの、その中で最有力のロジックすら、ラストシーンがああなっているがために採用できない。

とはいえ、これは原作ものであり、そういう人物として人間の少年が描かれているなら、ジブリ側に罪はないというか、原作の馬鹿さ加減を強調するために敢えてこの表現だというのなら、自らの不明を恥じるけれども、絶対にそうではないという自信がある。

さりとて、本作品が優れているのは、俳優陣が皆素晴らしい演技をしていたことだ。それだけが救いであるが、それだけにアリエッティと志田未来と神木隆之介がかわいそうだ。
posted by 広域 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | カンショウすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

iPadと本棚の間で。

iPadを購入し、そのスピード感とヌルヌル感にすっかり魅せられて早1ヶ月。
その間、いろんな人に布教すべく、という大義名分のもと見せびらかしまくっていたら、先輩方からだいぶ不評を買っているようでもある。
しかし懲りずにiPadで遊んでいるわけであるが、最近CANONのImageformula DR-150を購入し、そのお遊びにも拍車がかかってきた。
最初は仕事の資料のうち、紙媒体で持っておく必要のないものを電子化し廃棄という程度でとどまっていたが、やはりスキャナを買った以上、やらねばならないものがある。
そう、「自炊」だ。

ここで話は数日前に遡る。
某つぶやき系サービスで、私は大要次のようなことを書いた。

子供が本に関心を持つ最良のきっかけは親父の本棚である。親父の本棚が読書ガイドとして機能するのは、よくわからないがキャッチーな響きのタイトルがずらりと/みっしりと本棚を埋め尽くしているところに、子供が自分の知らない知のストックを感じるからである。加えて、子供がその中から自分で一冊を手に取る。そこに主体的な選択が介在する。その際、本の重み、古びた紙の臭いが、今まで体験したことのない領域に踏み込むのだと感じさせる。


要は、子供にとって読書体験は「親父の本棚から勝手に本を持ち出し、今まで読んでいた本(絵本か教科書)とは違う何かに(物理的に!)触れる」ことを入り口とするということであり、その機能はiPadでは代替できないと考えている、と。

さて、そこではたと立ち止まったのは、自炊すべき書籍の選別基準である。
例えば、一読してもう読み返すことはないようなものについては、優しくブックオフに送り込めばよい。
そうではなく、読み返したいものについて、電子化すべきものとすべきでないものを分かつ基準は何か。
すべて電子化すべき、という人もいれば、再読の可能性のあるものはすべて紙で、という人も(そもそも電子書籍はNGという人も)いるだろう。
当然万人向けの答えはない。
では、ほかならぬ私はどう考えているかというと、さしあたり次のような基準を立てている。

数巻に及ぶ大作のうち、その物質性に意味があるか
→例えば、新城カズマ『15×24』は話題性もあり資料的価値も高いが、それが6冊並んでいることに意味があるとは思われない。平野啓一郎『葬送』は単行本版であれば物質性に意味があったが、4巻組の文庫版ではその意味もあまりない。これらは電子化の候補。
 逆に、舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』や京極堂シリーズなどは、それがレンガ書籍であることの身体性が重要であり、これは電子化しない。

他人に貸したいと思うか
→電子化の最大のデメリットはこれだと思っているのだけれど、物質は「貸し借り」が成立するが、データではできない(てか、やるべきではない)。そのようなものは紙で残す。

子供に読ませたいか
→本題。将来生まれてくるであろうわが子に、読書って面白いんだと思ってもらいたい。そして、これまで考えてきて感じたのが上述の「親父の本棚」論であるとすれば、ある意味答えは一つかもしれない。子供が読めるものではなくて、読ませたいもの。ある種、読書体験の入り口でアーキテクチャ的に縛ってしまうことにはなるが、読書するための引き金になりそうなものは紙で残す。

だいたい今のところその基準で考えているが、それでも残る問題があり、それが「電子化対象かどうかは読んでみるまでは決まらない」という問題。
電子書籍の最大のメリットが様々な本を数百冊単位で持ち運べるところにあるとしても、とりあえず紙で読むことを前提に組まれた上述のプログラムは、妙なジレンマを抱え込んでしまう。
そりゃ、いきなり電子化すりゃいいんだけど、売れてるだけの糞みたいな本を引いちゃったりした日にゃ、データでもいらねぇというか、せめてブックオフでダメージ中和せにゃ気がすまんということもあるのが人情なんだよねぇ。

ちなみに、上述の基準からはジャンル的に絶対電子化の対象になるものってのがあってね、それがなんなのかはまぁご推測のとおりです。
posted by 広域 at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 書きちらすこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。