2008年09月21日

NYLON100℃ 32nd SESSION 15years Anniversary「シャープさんフラットさん」。

20080921183341.jpg

15周年記念となる今回のナイロンは

中心メンバーに豪華客演陣を交えたダブルキャスト構成。

同じ日2チーム見ることで、プロット・演出の違いやら

台詞回しのタイミングにかいま見える役者の個性やら

いろいろ興味深く観賞できました。

ストーリーは、脚本家の青年が

サナトリウムらしからぬ「サナトリウム」で

他の住人たちや脚本家を追いかけてきた劇団の人間と

バタバタやりつつも、他人とずれていることに悩むというもの。

主人公の脚本家は「笑い」になることならなんでも考える。

ただし、その笑いが他人に受け入れられないことに悩んで

劇団を放り出してしまった。

どんなに人とは違う、ずれていたいと思っていても

本当にずれ切ってしまうと、苦しみしかないというお話。

(本当は最後にきちんと奇妙な救いがあるのですが・・・)


ブラックチームもホワイトチームもどちらも豪華メンバーで

1日2公演はかなりお腹いっぱいです。サトエリ超足長ぇ・・・


20080922151830.jpg

今回のパンフレットは、ナイロン15周年BOOK同梱。
posted by 広域 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。