2008年10月04日

J1 2008 第28節 川崎フロンターレ戦。

20081004133839.jpg


4戦連続関東アウェイによる疲労。

シャムスカ、ウェズレイ、大海を欠く布陣。

前半でのホベルトの離脱。

さすがにこれだけひびが入っていると亀の甲羅も簡単に粉々。

システム的にサイド2枚の相手は相性悪く

CBに「山脈」こと寺田と伊藤では

いかにデカモリシといえど簡単には競り勝てず・・・

サイドと前線が孤立する、一番悪いトリニータだった。

これを演出したのは川崎がサイドを2枚でプレスかけて

徹底的に大分のサイドの裏を使いまくったからで

内容的にも完敗。

ただ、シュート打たない悪癖はなんとかならんのか。
posted by 広域 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トリニータのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。