2008年12月21日

KERA・MAP#005 『あれから』。

ケラリーノ・サンドロヴィッチのプロジェクトKERA・MAP。

世田谷パブリックシアターにて観劇してきました。

夫婦に必要なのは、忍耐より隠し事なのか・・・?
親友に必要なのは、誠意より共犯意識なのか・・・?

ケラリーノ・サンドロヴィッチが初めて描く、熟年夫婦の倦怠と、彼らに翻弄される若者たちの日々。


が、昨日の飲み会の疲労により、かなり朦朧とした意識だったので

比較的ゆっくり描かれた前半は、若干記憶から飛んでいます。

いくつかのグループにおけるストーリーが後半で一気に収斂するという

群像劇の話形としては標準的なものだったのですが

それゆえに、記憶に残りづらかったのもあるかもしれません。

ただ、後半の収斂のさせ方、すなわち

グループの壁を一気に突き崩し、最終的にドタバタに持っていく手際は

さすがの一言です。
posted by 広域 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。