2009年06月12日

ちょっと暴走します。

最近トリニータ周りであんまりにも納得のいかないことがあるので

何人かからマイミク切られる覚悟でちょっと書きたいこと書きます。

追記にしますので、興味ない方、読みたくない方

どうぞスルーしてください。

あと、万が一コメント欄とか荒れたら、エントリごと削除します。



もちろんホームに行けるところに住んでいないし

ホームの状況は多分に伝聞ですが

それにしたってちょっとあんまりだろうということが続いたので

もう辛抱たまりません。書きます。


1 「残留」ダンマク問題

練習場に「残留」ダンマクが出たり

九石ドームにも何やら選手にプレッシャーをかけるような

不穏なダンマクが出ているとの情報を聞いて

そりゃねぇわと思っています。

今年はアウェイも数えるほどしか行けてないけれど

そんな俺が見ても、今の選手たちは自信をなくしていて

一歩の踏み出しが遅れたり、のびのびプレイできない状態にあります。

そんな中で、サポーターからも

「お前らちゃんとやんないとヤバいぞ」と言われてるわけでしょ、これ。

それ、自分たちが勝利のカタルシスを得られない鬱憤を

選手にぶつけているだけで

選手に「勝ってもらいたい」んじゃないでしょう。

それ、もはやサポートじゃないでしょう。

納得いきません。


2 募金問題

サポーターの有志がトリニータの「危機的状況」を救うため

募金活動をするそうです。

目的自体は多いに結構だと思います。

ただ、プロチームがサポーターからの募金に頼るというのは

確かに問題があるので、募金活動に反対の人がいるのは当然。

にもかかわらず、某SNSでは募金反対派の人に

「あなたはクラブのために何かしているんですか?」

と糾弾した人がいました。

この台詞を聞いて、僕は非常に気分が悪くなりました。

その書き込みをした人に

「あなた戦時中の日本の状況知ってます?

当時の人たちとあなた同じ語り口ですよ」

といいたい。

サポーターは一枚岩である必要はなくて

いろんな考え方の人が緩やかにつながっているところがいいのに

「クラブのために何もしてない奴はサポにあらず」的な言説が

飛び交っていることに、気持ち悪さを感じます。

だったらあなた方は当然シーチケも買って

毎試合九石に足運んでるんですよね。


3 「J2に落ちたらチームがなくなる」的言説

最近またよく目にするようになったのがこれ。一種の予言。

これ言ってる人たちって、予言がどういうものか知らんでしょ。

予言ってのは、第一に、予言者はその的中を望み

第二に、その人の思考方法を縛るんですよ。

第一の点で、予言者がその言説の正当性を獲得するのは

予言が達成されたときですから、すなわち

「J2に落ちたトリニータが消滅した」場合です。

さて、予言の第一条件である予言の的中希望性からは

これをあちらこちらに書き散らしている人たちは

実際は心の底では、クラブの消滅を望んでいることになるんです。

「某国がミサイルを日本に撃ってくるかもしれないから

軍備を増強すべきだ」という言説を吐く人が

心の底ではミサイルが日本に着弾するのを望んでいるようにです。

これが第一の問題。

第二の問題は、予言が思考方法を縛るということ。

もし、予言の前件(J2に落ちたら)が実現したら

すでに頭の中にある文章には「チームが消滅する」が書かれているので

「あぁチーム消滅してしまう」と考える方向に流れるでしょう。

そうなると、消滅するチームを応援してもしょうがないので

次第にその人の足はスタジアムから遠のき

結果、入場料収入が減って、本当に財政危機を迎え

実際に消滅の憂き目をみることになるのです。

だから、もうこの手の言説まき散らすのやめませんか。

この状況下で、J2落ちたときの思考実験として

J2に落ちたら、ダウンサイジングして切り抜ける

という発想はあまり見ませんが

J2に落ちても人件費抑えて1年で上がってくる

という言説をまく方がまだ建設的でしょう。


ということを憤っておりました。

最初にも書きましたが、もしコメント欄等荒れたら

責任を持ってエントリごと消します。
posted by 広域 at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | トリニータのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなことになっていたのか・・・
日本のサッカーの応援団って民度がヨーロッパとかに比べて高いイメージがあったんだけどな〜
殴りこみとかかけないだけまともなのかなあ・・・
しかし、募金に反対の人をたたくのは実に日本人らしいですなw
Posted by いっすぃー at 2009年06月12日 04:52
殴り込みはしないけど、座り込みはしたみたいよ。
もうね、どっからどうみてもあの時代の空気が流れてて、鳥肌物でした。
Posted by 広域 at 2009年06月16日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。