2009年11月21日

『劇場版マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜』。

朝(厳密には昼)起きたらちょうどよい時間であったので

マクロスFの劇場版を見に行く。

公開初日に映画を見に行くというのは相当久しぶりであって

これは相当なマクロス好きと認定されても仕方ない行動である。


※なんか割と長くなってしまった上、また訳のわからないことを書いてしまった(ネタバレはないと思いますが)ので追記に落とします。

*劇場版マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜*
http://www.macrossf.com/movie/





さて、その劇場版であるがとりあえず

シェリルかわいいランカかわいいアルトかわいい

という非常に動物的・脊髄反射的に反応出来る類いの楽しさである。

この「脊髄反射的」をもう少し敷衍すると

「テレビ版を見ている=一連のデータベースがある」ことを前提に

そのうちの快楽データを効率よく引き出す入力信号としての

ド派手なライブシーンと徹底的なお約束がご用意されている。

そこで信号を受け取ると、テレビ版の「楽しさ」や「萌え」が

脳内で再生されて、とにかく考える前に面白くなってしまうのである。

これがすごいと思うのは

ストーリーの展開上ふまえなければならない部分を

ほとんど見る側のデータベースで補充させてしまう所であって

(映像として1の信号が入ってくると

こちらは勝手に3くらいのデータを引き出してしまう)

その分で空いた時間を、映像と歌に充ててしまえるところである。

なので、はっきりいうと、これだけ見るとただの派手なPVなのだ。

(ただし、シェリルのライブシーンはむちゃくちゃすごい)

しかし、終わってみると面白かった記憶が残っているという

非常に妙な感覚を味わえる。

マクロスFを見ていた人は、とりあえず見た方がいい。

ただ、新劇場版エヴァみたいに、映画からテレビに流れる

というのはお薦めしない、というか絶対やめた方がいい。

上述の通り、作った側が、映画版のみで理解されることを

端から予定していないので、なんのこっちゃわからん上

ストーリーのおおざっぱなところを知ってしまうので

その上でテレビ版を見ても、絶対に面白くないからだ。


それにしても、シェリルはかわいい(しつこい)
posted by 広域 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | カンショウすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。