2009年12月23日

劇団おぼんろ第5回本公演『海ノ底カラ星ヲ見上ゲヨ』。

かつて、全く関係なく見に行ったおぼんろの舞台のあと

めぐりめぐって、所属女優と知り合いになるという

トンデモ展開を経て、友人2名と第5回本公演に行くことにした。


浦島太郎を下敷きに、死神の存在と舞台としてのホスピスを絡ませ

独自の死生観を提示しようとする作品と理解。

もっとわかりやすくしてもよかったのかなと思うが総じて満足。
posted by 広域 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136680170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。