2010年01月18日

[M_2010_02]『イングロリアス・バスターズ』。

とうとう都内では恵比寿ガーデンシネマの夜一回のみという状況で

なんとか最終週に見ることができた『イングロリアス・バスターズ』。

さすがタランティーノ

などと語れるほどにタランティーノを見ていないが

単純にものすごくよくできていて、150分を感じさせない出来。

とりあえず銃撃っとけ!という信念と

タランティーノの映画愛が炸裂し

「映画適当に使ってると、映画に殺られるぞ!」という

非常にすばらしいメッセージつき(しかもアメリカ人向け)。

(あとこれはドイツで公開されたんだろうかと気になったら

しっかり公開されてて、批評もあった。あとで読もう。

http://www.filmstarts.de/kritiken/38587-Inglourious-Basterds.html

まぁとにかくクレイジーな作りでありながら

見終わったあとは気分爽快。いい作品である。
posted by 広域 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カンショウすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138722420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。