2010年03月28日

J2 2010 第4節 コンサドーレ札幌対ファジアーノ岡山。

友人の結婚式で札幌に来た私。

お式自体は非常にあっさりとしたものでありつつ

友人の人柄が随所に表れた素晴らしいものでした。

当然のごとく、大量のお酒をいただいてホテルに戻った私のカバンには


なぜかコンサドーレ戦のチケット(当日券)が。


やはり本能。北の大地のスタジアムが俺を呼ぶ!

というわけで、初参戦の札幌ドーム!

しかも、今日の相手はファジ丸君率いるファジアーノ岡山。

関東だけでトリニータを追っているとまずお目にかかれない

ある意味夢カード。

しかも札幌にはノブ石崎と内村、岡山には西野がいて

大分的にも楽しみ要素のあるカードだったり。


試合。

前半は個人能力の差で札幌がゴリ押し。

こういっては悪いけれど、ひとりひとりの質は全く勝負にならない。

しかし、札幌は決めきれない。ゴール前まで行くのに。

しかし、右サイドを崩した鋭いクロスが

ファーの近藤に見事に入り先制。

このまま押し切るかと思いきや、まさかの札幌息切れ。

後半はこういってはあれだが完全にグダグダ。

そうか、これがJ2だったか・・・忘れかけた何かを思い出す。

まったり観戦モードに突入した中、2点目が札幌に入って勝負有り。

しかし、札幌的には課題が残り

岡山的には札幌を一時抑えた点で自信になったであろう妙なゲーム。


ちなみに、中山隊長が本日出撃されまして

スタジアムは両サポとも異様な盛り上がりを見せました。

チャントは当然「中山中山ゴンゴール」であって

やはりこの人は日本のゴンなんだなと再認識しました。


やっぱりJリーグは面白いんだ!
posted by 広域 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。