2010年07月23日

[M_2010_11]『私の優しくない先輩』。

マンガとアニメのキャラクターでは、いくつか描けないことがあると言われている。
例えば死。例えば性。
と、この書き出しを使うと、大抵、手塚治虫の作品論につながるのだが、もう一つ描けないものがある。
それが匂い/臭い。

マンガ/アニメ/映画では、視覚聴覚は描ける。触覚と味覚は描けない。
しかし、アニメで描けず、映画で描けるのが臭いである。
嘘だと思うなら、アニメ作品ごとにその臭気を列挙してみるべし。

さて、『私の優しくない先輩』は、ひとえに、川島海荷が汗と涙に物理的な意味でまみれ、その臭いを表現するための作品である。

と、大層な書き出しで初めてみたが、この作品ですごいところは、川島海荷という水の象徴のような名前の女優を、汗と涙でドロドロに汚し、臭わせ、なおかつそれを綺麗だと思わせた点だ。そして、その一点に尽きる。
アニメーション監督である山本寛が実写を撮らなければならなかった理由はそれしか考えられない。ぐっしゃぐしゃのヒロインが、夏のドロッとした汗にまみれて臭気を発し、なおかつ美しいという一点。
そして、その一点において、この作品は成功している。顔をぐしゃぐしゃにした川島海荷の美しさは凄まじくて泣ける。

その美しさを見た後で、ラストショットに登場する普通の「川島海荷」は、一層衝撃的。
はっきりいって普通の取り方、普通の川島海荷のはずが、一瞬で鳥肌に転じた。あれはなんだったんだろう、いまなおよくわからない。

とりあえずたくさんの人に見てもらいたい。7割くらいの人には、広域は変態だと思っていただけて、残りの方のうち半分くらいには共感していただけるだろうて。

ちなみに、エンディングのMK5も相当すごい。あそこだけiPadに入れて持ち歩きたいくらい。

*私の優しくない先輩公式サイト*
http://www.senpai.info/
posted by 広域 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | カンショウすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。