2010年12月01日

[M_2010_16]『特攻野郎Aチーム』。

TV版を実は見たことがない自分が、映画版をどれほど楽しめるかという問いが全ての劇場版に付いて回るのだけれど、『Aチーム』はさすがにそのハードルが高かった。
そりゃ、有名すぎるほど有名なネタ(「飛行機だけは勘弁な」とか)は知っているものの、おそらくはTV版を知っていた方がここは面白いんだろうな、というポイント(おおむね、ストーリーの流れが一回止まる場面)が多く、そこを拾いきれないのはひとえにこちらの不勉強。
そこを抜きにすると、大規模アクション映画としてかなり面白い部類であるように思えるけれども、あまり絶賛できないのは、その辺のプラスアルファを感じられないことにも一因があるような気がする。
posted by 広域 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | カンショウすること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。