2011年01月23日

[T_2011_01]劇団鹿殺し「僕を愛ちて。〜燃える湿原と音楽〜」

新年早々、ダブルブッキングやなんかを乗り越えて、どうにかたどり着いた、劇団鹿殺しの本多劇場進出公演。
いままで行きたかったが行けなかった劇団であり、気になったらその場でチケットを押さえていた2007年あたりの時点ですら見ていなかったという意味ではかなり稀有な例に入る劇団でもある。
釧路で丹頂鶴とともに、尾崎豊に憧れる兄、つんくに憧れる弟、ジョン・レノンに憧れる父という構図の中、母が殺される。
兄は復讐へ向かい、弟は音楽で世界を取ろうとし、父はニポポを掘る日々に、沼で助けた女性・千鶴子が絡んでいく基本線を、「正月らしい演出」(演出・菜月チョビ談)たる生バンドとフィジカルな表現で彩っていく。
おめでたさで力押しかと思いきや、終盤にかけてド直球でストーリーをまとめ、最終的には無条件の愛を見事に表現してみせた。
これだけ読んだら、何が起こったかわからんだろう。しかしこうとしか書けないのである。

終演後は、文句なしのトリプルカーテンコール。新年早々幸せな気持ちで本多劇場をあとにした。

*僕を愛ちて特設サイト*
http://shika564.com/bokuai/
posted by 広域 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182775895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。